札幌駅から北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)へのアクセス方法・行き方

赤れんが庁舎前の銀杏並木
赤れんが庁舎

札幌観光で欠かせない定番観光スポット「北海道庁旧本庁舎」(通称 赤れんが庁舎)は、札幌駅からも近くアクセスしやすい場所にあるのもポイントです。

しかし初めての札幌だと札幌駅からたどり着けるかな?と不安に思う方もいるでしょう。

初めての札幌でも、札幌駅から札幌駅から赤れんが庁舎まで迷うことなくたどり着けるように詳しく行き方を写真と動画を使って説明します。

JR札幌駅 西改札・南口を把握する

赤れんが庁舎に行くためにはまず札幌駅の出口を把握する必要性があります。と言っても難しくはありません。

札幌駅は大きく分類すると4つの出口があります。

改札口は

  • 西改札口
  • 東改札口

があり、改札口を出ると北口か南口か、どちらかから出ることになります。

つまり、

  • 西改札口(西コンコース)
  • 西改札口(西コンコース)
  • 改札口(東コンコース)
  • 改札口(東コンコース)

上記4つの出口があります。図解したものが下記です。

JR札幌駅 出口

北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)に行く場合は、上記画像の左下

  • 西改札口側(西コンコース)

これは電車を降りてから案内板を見ていけば迷うことなく行くことが出来ます。

自信が無ければ、西改札口を出た後に下記の写真のオブジェがあるか見回して下さい。

JR札幌駅 イランカラプテ像

イランカラプテ像

JR札幌駅 妙夢

JR札幌駅 妙夢

西改札口を出て左斜前方にアイヌの木彫像があれば、西口です。そしてそのまま改札を出て左側に進んで行くと白くて大きな穴の空いたオブジェ「妙夢」があります。

その後ろのガラス戸が札幌駅 西改札口(西コンコース)南口です。

JR札幌駅から地上で赤れんが庁舎までの行き方

続いて、西改札口から実際に赤れんが庁舎まで歩いてみたタイムラプスムービー(早送り動画)を見て下さい。

動画は43秒ほどなのですぐに見終わります。

ポイントを下記の写真のところを通っているかどうかです。

JR札幌駅 イランカラプテ像

西改札を出てイランカラプテ像の横を通り過ぎる

JR札幌駅 妙夢

オブジェ「妙夢」の横を通り過ぎて外に出る

JR札幌駅 南口広場

外に出て正面道路の右側歩道を歩いていく

恐らくこれで問題なくたどり着けると思います。

JR札幌駅から地下で赤れんが庁舎までの行き方

雨や雪の日、または非常に寒い日であれば出来るだけ地上は歩きたくないもの

そんな時は出来るだけ地下を通って赤れんが庁舎まで向かいましょう。

こちらは2つの動画(タイムラプスムービー)を見てください。

JR札幌駅からまずは地下鉄南北線「さっぽろ駅」まで歩きます。

オブジェ「妙夢」の横の階段(エスカレーター)を降りて、後はまっすぐ進むだけです。

地下鉄南北線「さっぽろ駅」の改札の前についたら、改札の左右どちらかの通路をまたまっすぐ歩いてください。

まっすぐに伸びる地下道でどこで曲がれば良いか悩みますが下記写真の「Akarenga TERRACE」という文字とエスカレーターが右側に見えたら、エスカレーターを上ればOKです。

以上、札幌駅から北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)への行き方でした。

タイトルとURLをコピーしました