円山動物園は冬こそモフモフを満喫出来る!

円山動物園
円山動物園のホッキョクグマ

冬も営業を続けている札幌の円山動物園に行ってきました。

寒さに弱い動物もいて、外で見られる動物の数は減るものの、冬の動物はモフモフ度がましてとても可愛らしくおすすめです!

どんな様子だったか可愛らしい動物をメインに紹介していきます。

円山公園を経由して円山動物園へと向かう

円山動物園は地下鉄東西線「円山公園駅」から徒歩15分ほどの距離、1km以上あるので歩くのは面倒という人はバスでも向かえます。

でも、午前中に行くのなら是非とも歩いて向かって欲しい理由があります。

それがこちら

円山公園のエゾリス

エゾリスに出会えることが多いからです。

円山公園を経由して、円山登山の入口にもなっている「円山八十八ヶ所」の前を通り、散策路は度々、エゾリスが出没します。

この日は3匹ものエゾリスに出会えました。

特に12月初旬のエゾリスは冬に備えて丸々と超えて毛もふさふさとなり、モフモフ具合が増しているので、より可愛いんです!

円山公園 散策路

こんな木々に覆われた路を歩いていくのですが、エゾリスが突然前を通り過ぎたりします。

エゾリスは午後になると巣に戻ってしまうことが多いのですが、午前中は割と活発に木の実等を食べに動いているので遭遇率が高くなります。

円山公園のエゾリス

もちろん必ず出会える訳ではありませんが、せっかく北海道に来たのなら北海道の野生動物に出会いたいもの、だから駅から歩いて向かうことをおすすめします。

円山動物園の園内の様子

円山動物園

散策路を経由して円山動物園へ。

冬の平日だと円山動物園は、あまり人も多く無いのでゆっくりと見ることが出来ます。土日も夏季に比べると訪れる人も少なくなっている分、ゆっくりと見学出来るのが良いところです。

円山動物園

中に入って雪化粧された路を歩いていきます。

円山動物園

円山動物園の中にはコンビニ「セブンイレブン」もあるのが嬉しいところ。

小腹がすいていたり、温かい飲み物が欲しい時にも便利です。

円山動物園マップ

*上記の円山公園の案内図はパソコンならクリックで大きくなります。

面積的にはかなり広い円山動物園なので、冬こそみたい動物を続いて紹介していきます。

冬の円山動物園で見たいモフモフな動物たち

冬の動物園ってどうなんだろう?と思う人もいるかもしれませんが、冬こそ動物たちがモフモフになって可愛くなるからおすすめです!

こども動物園でヒツジと雪うさぎ

入口から入って比較的近くにあるのが「こども動物園」です。

円山動物園 こども動物園

動物園に行くとよくある、動物と触れ合えるところです。

円山動物園 ヒツジ

ここで触れて欲しいのが、ヒツジ!

羊毛と言われる通り、本当にフカフカモフモフの毛を触ることが出来ます。

指を毛の中に入れてみると、すっぽりと入っていくのがわかります。

円山動物園 エゾユキウサギ

触ることは出来ませんが、真っ白になり耳だけ黒い部分が残るエゾユキウサギもモフモフ度が増していて凄く可愛い!

参考までに冬毛になる前のエゾユキウサギが下記の写真です。

円山動物園 エゾユキウサギ

色は茶色っぽく、それほど毛も長く無いのでモフモフ度は薄くなっています。

見るならやっぱり冬です。

円山動物園 プレーリードッグ

他にも可愛い動物たちが沢山います。プレーリードッグとか可愛いですよ。

円山動物園 プレーリードッグ

ちょこんと、穴から顔だけを出すプレーリードッグ

サル山の猿たち

円山動物園 サル山

こども動物園から先に進むと見えてくるのがサル山です。

円山動物園 猿

元々、北海道にはニホンザルは生息していません。寒いので仲間?家族と身を寄せ合っている姿は可愛く見えます。

円山動物園 猿

日陰と日向があり、ほとんどの猿は日向に来て過ごしていました。

ホッキョクグマ館で見るホッキョクグマとアザラシ

円山動物園

円山動物園で年間を通じて人気なのがホッキョクグマ

円山動物園の中でも一番奥にあります。

円山動物園 ホッキョクグマ館

人気の理由は、泳ぐホッキョクグマを水中トンネルの中から見ることが出来るから。

この日は泳ぐ姿を見ることが出来ませんでしたが、以前来た時の様子が下記の写真です。

円山動物園  ホッキョクグマ

真上を泳いでいくこともあります。

円山動物園 ホッキョクグマ

泳ぎが上手いホッキョクグマです。

円山動物園 ホッキョクグマ

泳いでいない時は野外スペースでホッキョクグマを見ることが出来ます。

モフモフ感がたまりません。

またホッキョクグマ館から出たところにもホッキョクグマはいます。

円山動物園 ホッキョクグマ

雪の上で眠るホッキョクグマ、元々は北極圏に住んでいる熊だけに北海道の冬なんて暖かいものなのかもしれません。

円山動物園 ホッキョクグマ

たまに起きて大きなアクビをしています。

円山動物園 アザラシ

なおホッキョクグマ館の水槽には(もちろんホッキョクグマの水槽とは別)アザラシもいて、丸々とした可愛らしいアザラシを見ることが出来ます。

高山館のレッサーパンダ

円山動物園で人気の高い動物の1つがレッサーパンダです。

円山動物園 レッサーパンダ

冬でも元気に雪の上を駆け回っています。

円山動物園 レッサーパンダ

このモフモフ感がたまらなく可愛いんです!

円山動物園 レッサーパンダ

ずっと見ていたくなるレッサーパンダです。

寒帯館のユキヒョウ

円山動物園 ユキヒョウ

ユキヒョウも冬になるとモフモフ度があがる動物です。

撫でたい!と思いますが当然ガラスや檻で囲われているので撫でることは出来ません。

円山動物園の定番の動物たち

冬になってモフモフ度は増さないけど、円山動物園で見ておきたい動物たちを紹介します。

ゾウ舎のアジアゾウ

円山動物園 アジアゾウ

寒さには強くないアジアゾウ、冬場は広いゾウ舎の中で過ごしています。

円山動物園のゾウ舎は2019年3月に完成したまだ新しい施設です。

円山動物園 ゾウ

ゾウの生態についても詳しく解説されており、割と近くで見ることが出来ます。

円山動物園 ゾウ舎

地下部分は水槽があり、運が良ければ水の中に入っているゾウを見ることが出来るかもしれません。

モンキーハウスでいろいろな猿を見る

ゾウ舎の横にある室内展示のモンキーハウスではいろいろな猿を見ることが出来ます。

円山動物園
円山動物園
円山動物園
円山動物園

フサオマキザル、ワオキツネザル、マンドリル、ダイアナモンキー等、7種類の猿の仲間がいて楽しませてくれます。

ヒグマやマレーグマ

円山動物園で飼育されているのはホッキョクグマだけではなく、北海道らしくエゾヒグマもいればマレーグマ等の世界の熊もいます。

円山動物園
円山動物園
円山動物園
円山動物園

ヒグマは分厚いアクリル版がありあまり綺麗に冬は撮影出来ません。2枚目の熊はヒマラヤグマで、かなり毛深いです。

3枚目・4枚目はマレーグマで何となく動きが可愛い熊です。

は虫類・両生類館でカメやヘビ、トカゲを見る

苦手な人も多いは虫類や両生類も見ることが出来ます。

円山動物園
円山動物園
円山動物園
円山動物園

でも、トカゲとかカメとかヘビって見方によっては割と可愛いんですよね。

好きな人なら「は虫類・両生類館」はかなり楽しめます。

キリンやライオン、他の動物たち

動物園の定番の動物、キリンやライオンも見ることが出来ます。

円山動物園 キリン

寒さに弱いキリンはキリン舎の中で冬は過ごしています。

円山動物園 ライオン

ライオンは・・・雄は夏も冬も寝てばかりです。

円山動物園 ハイエナ

ずっと寝ていたハイエナ

円山動物園 ミーアキャット

冬でも夏でも関係なく、チョコマカと動き回っていたと思えば直立不動となるミーアキャット

円山動物園 ミーアキャット

意外と人気モノです。

円山動物園 ダチョウ

意外と動いているのがダチョウです。外にいるのですが元気に動いていました。

円山動物園 ダチョウ

目が大きくて可愛い顔しています。

他にもいろいろと可愛い動物がいる円山動物園です。

冬の円山動物園の注意点

冬の円山動物園、気をつけて欲しいことがいくつかあります。

服装は暖かいものを、でも脱ぎやすいものを

冬の札幌ですから当然寒いので、外の動物を見る時にはかなり厚着をしていないと非常に寒いです。

でも脱ぎにくい服装はおすすめ出来ません。

円山動物園 熱帯鳥類館

室内での展示も多く、熱帯性の動物が飼育されているところでは25度以上の室温になっていることも。

寒い日の札幌はマイナス5度以下になることもあり、実に温度差は30度以上になることも。

特に熱帯鳥類館は非常に暖かく半袖でも過ごせる暖かさなので、厚着していると逆に暑く感じます。

だから脱ぎやすいコートを着ていくのがおすすめです。

滑りにくい靴は必須

円山動物園

冬場は夏場に比べて人が少なくなる円山動物園ですが、それでも土日は人は割と多くきます。

そして雪は踏み固められ、滑りやすい状態になります。ペッタペッタとシナガチョウのような水かきのある足なら滑りにくいかもしれませんが、普通の靴だとかなり危険なので、防滑靴か靴に取り付ける滑り止めは必死です。

食事出来る場所はある?

先にコンビニがあることは説明しましたが、コンビニ以外にも食事出来るところはあります。

冬だと休業日がある食堂もありますが、大体は営業してカレーライスやスパゲティ等をいただくことが出来るのでお弁当が無くても1日過ごせます。

寒くてとても無理と聞いたけど?

円山動物園を見るのにかかる時間は2~3時間、だけど冬は寒くて見てられないと聞いたけど、大丈夫なの?という人もいます。

先に書いた通り、室内でゆっくりと見るところもあるのでずっと寒い中にいる訳では無いので安心してください。

円山動物園は急ぎ足で見て2時間、ゆっくりと見ると4時間以上かかりますが、半分近くは室内で過ごせます。

以上、冬の円山動物園についてでした。

 

タイトルとURLをコピーしました