八窓庵(旧舎那院忘筌)

3.0
八窓庵(旧舎那院忘筌)
八窓庵(旧舎那院忘筌)

八窓庵(旧舎那院忘筌)は中島公園の日本庭園の中にある国の重要文化財に指定されている茶室だった建物です。

中には入ることは出来ませんが外観を観ることが出来ます。

中島公園で豊平館と合わせて訪れたいスポットです。

なお八窓庵は「はっそうあん」、旧舎那院忘筌は「きゅう しゃないんぼうせん」と読みます。

八窓庵の詳細・アクセス方法

八窓庵へのアクセス方法・行き方

  • 地下鉄「中島公園駅」3番出口から徒歩約4分

八窓庵について(歴史・文化財)

  • 江戸時代の茶人である小堀政一(小堀遠州とも言われる・安土桃山時代から江戸時代初期)によって設計されたとされている茶室で、元々は近江(現在の滋賀県)にあった
  • 持田謹也という方が買い取り、大正8年に持田氏の自宅に移築される
  • 1936年(昭和11年)国の重要文化財に指定される
  • 1971年(昭和46年)に札幌市に寄付され中島公園に移築される

八窓庵の見学所要時間(目安)

中島公園の日本庭園と合わせて30分くらいが目安です。

八窓庵の関連リンク・関連施設

合わせて立ち寄りたいスポット

  • 豊平館:八窓庵のすぐ近くにある国の重要文化財
  • 水天宮:中島公園に隣接した神社
  • 弥彦神社:中島公園に隣接する神社

八窓庵のフォトギャラリー

*PCならクリックで拡大

八窓庵(旧舎那院忘筌)
八窓庵(旧舎那院忘筌)
八窓庵(旧舎那院忘筌)
八窓庵(旧舎那院忘筌)
八窓庵(旧舎那院忘筌)
八窓庵(旧舎那院忘筌)
八窓庵(旧舎那院忘筌)
八窓庵(旧舎那院忘筌)
八窓庵(旧舎那院忘筌)

 

タイトルとURLをコピーしました