札幌市時計台(旧札幌農学校演武場)

4.5
札幌市時計台
札幌市時計台

札幌市時計台は、正式名称は「旧札幌農学校演武場」と言いますが誰もそう呼ばない、でも札幌観光で定番中の定番の観光スポットです。

現存する時計塔の中では日本最古となっています。

館内を見学することも出来て時計台の歴史を知ることが出来ます。

北海道胆振東部地震の時も鳴らされていた鐘の音は、1933年(昭和8年)から休むことなく鳴り響いています。

札幌市時計台の詳細・アクセス方法

  • 住所:札幌市中央区北1条西2丁目
  • TEL:011-231-0838
  • 営業時間:8:45~17:10(入館は17時まで)
  • 定休日:1月1日~1月3日
  • 入場料:大人200円・高校生以下無料
  • 駐車場:無し・近隣に有料駐車場あり
  • マップコード:9 522 206*02
  • 公式サイト:札幌市時計台
  • Google Mapで確認する

毎月16日は札幌市民であれば無料で館内見学出来ます。

札幌市時計台へのアクセス方法・行き方

  • JR札幌駅 東コンコース南口より徒歩約9分
  • 地下鉄「大通駅」6番出口より徒歩約5分(ここからがおすすめ)
  • チ・カ・ホ(札幌駅前通地下広場)9番出口より徒歩約2分

札幌市時計台について(歴史・文化財)

  • 文化財:国指定重要文化財
  • 建築年:1878年(明治11年)

歴史概略

  • 1878年(明治11年)札幌農学校(現 北大)の演武場として建設される
  • 1906年(明治39年)札幌(当時は区)が購入し、現在の場所に移転する
  • 1933年(昭和8年)鳴らなくなっていた鐘をボランティアの井上清氏が復活させる

札幌市時計台の見学所要時間(目安)

外観だけなら15分もあれば見終わります。

中の見学は急ぎ足で20分くらい、じっくり見ると1時間はかかります。

次の目的地があるのなら外と中の見学で1時間くらいを目安にされると良いでしょう。

なお時計台前のビルの2階テラスは無料の時計台撮影スポットとなっています。

札幌市時計台の関連リンク・関連施設

合わせて訪れたいスポット

札幌市時計台のフォトギャラリー

*PCならクリックで拡大

札幌市時計台
札幌市時計台
札幌市時計台
札幌市時計台
札幌市時計台
札幌市時計台
札幌市時計台 内部
札幌市時計台
札幌市時計台

 

タイトルとURLをコピーしました